若返りだって? 本当ですか?

200歳まで生きます。

家の中で長靴を履く。暖ったけーー。ぽかぽか。

冬にお父さんが知ってしまった暖かい靴。



これをね、家の中で履くんです。
足がぽかぽかで、床暖房がなくても、体の緊張が緩みます。
室内用に開発してくれないかなあ。

今日の心の栄養 (毎朝5:00に更新)

203_メトグルコは対処療法ではなく、治療できる?

  YouTubeの動画で、「糖尿病の患者で、薬を飲むのをやめて、症状が出なくなる人は1%いる」という最新の研究結果を紹介していました。寛解というそうです。


  お父さんは、この薬の効果はとても良く解ります。


1.仰向けに寝て膝を高くしてもずっと痛くならない。(半年前は5秒、それから30秒ぐらいになって) 多分、赤血球が運ぶ酸素の量が増えているのだと思います。


2.異常に多かった心拍数が徐々に減少し、安静時には75回ぐらいにまで下がるようになっています。10回ぐらい少なくなっています。


3.夜間の尿の回数が少なくなり、そして。ちびりがなくなりました。


4.アンモニアがしっかり生成され、臭い尿として体外に排出されます。(糖尿病では尿が臭いません)


5.寝てばかりいたのが、起きて活動する時間が長くなりました。運動をする気にもなります。


6.副作用なのか、内蔵脂肪が増えます。お腹周りがふっくらしてきます。




ーーーーーーーーーーーーーーーー
 お父さんは一週間に三日ぐらいしかこの薬は飲みません。
飲み方です。


1.アルカリ体質になっていること。
お父さんが思っているアルカリ体質とは:
*充分休養がとれた状態で、尿のpHが6.0~6.5はあること。
*そして、重曹水を飲んだ時に簡単に尿のpHがpH7.0~7.5になる状態。


2.処方箋通り、毎日2錠を重曹水と一緒に、三日間飲みます。
  注目:弱アルカリ尿にはなりますが、血糖値は予想に反して上がります。(お父さんの場合ですが)


3.四日目になると、pH5.5以下の酸性尿になるので、飲むのをやめます。重曹水は飲みます、でも変化は出ません。
  注目:三日間は酸性尿が続き、血糖値はとても良く下がります。


4.薬をやめて3日目の後半からゆっくりと中性尿に近づいてきます。そして4日目から弱アルカリ尿で血糖値も低い状態になります。(お父さんの場合、pHは7.0~7.5になります)

注意:実際の色とカメラの色では違いが出ます。

5.観察期間。良い状態がどれぐらい続くか、前回との違い等を観察します。重曹の力を借りなくても、pH6.5ぐらいの尿を自力で作れるようになっています。


6.もし尿のpHが5.5以下が続き、自力でも重曹酢でも酸性尿になったり、頻尿になったなら、メトグルコの薬を飲みます。


注目:
 このやり方を繰り返して試していると、自力でpH6.5を維持できる期間が長くなっていきます。


 忘れないでください:簡単に弱アルカリ尿が出る状態でしか、この薬は飲まないことです。2の注目に書いたように、体は血糖値ではなく、体液をpH7.4にしよう(弱アルカリ尿に)とする事を最優先しているのは間違いありません。何度やってもそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

 もし、お父さんが、この薬を毎日飲んでいたらならば、体は酸性体質のままで、体の成分は溶け出し、今頃は入院しているか、死んでいるかのどっちかでしょう。(体験しているので嘘ではありません)そしてこう言われていたでしょう。「何年も糖尿病なのに病院に行かないで手遅れだった」と。



 

今日の心の栄養 (毎朝5:00に更新)

コマイの生食い、癖になるぞ。

 これはお父さんの食料です。


 市場では、内蔵も取って、一夜干しにしたものを六匹で300円ぐらいで売っています。持ち帰って処理しなくても良いのです。


 お父さんは包丁で切って、生で食べています。(寄生虫がいるか知りませんけど今のところ問題ない)


 ちょっと生臭いので、こうやって生で食べるのはお父さんだけなのかなあ?慣れるとまた食べたくなるんだ。



 最近は、ご飯を炊く時に中に入れて食べています。たらの仲間なので、似たような味がします。


 やっぱり慣れるとまた食べたくなる。油分が少ないので扱いやすい。


 そして、最近はガスコンロの魚焼きを使って焼いて食べています。最高に旨い。もっとほしいけど、もうシーズンが終わる頃で、あまり売っていない。


もっといっぱい食いてえ! コマイ(氷下魚)


焼いて食ったら、もう生食いは、生臭くてできませんね。