若返りだって? 本当ですか?

200歳まで生きます。

Whiteチョコ、甘い日本酒_4/? 山野恵さんのごはん。

 4年ぐらい前までは、山野恵(仮名です)が一年に一度、3週間ぐらい来て、料理をしてくれました。


 その時に不思議に思っていたのが、作ってもらっていたご飯は、特別なものではなかったのですが、それを食べている間は、血糖値も上がらず、体の調子が良かったということです。


 一人になって外食していると、すぐ血糖値が上がりました。今思うと、野菜などのアルカリ食品との組み合わせが良かったのかもしれません。



これは、お父さんが採集した木の実を使った特別料理です。



カヤの実が入っています。実の油がおいしさを引き立てます。


 豆腐のような物は、採集したドングリから作った澱粉を、水を加えて加熱して作ったものです。アルカリ食品です。



 これは煮た山栗とはちみつです。山栗は市販の大きな栗と違い、きめが細かく、別格の最上級品の味と触感があります。


小豆を入れたごはんです。


 こういう物を食べていたら、おしっこも苦いアルカリで、血糖値が上がるわけないですよね。


 とてもおいしですよ。



今日の心の栄養 (毎朝5:00に更新)



Whiteチョコ、甘い日本酒_3/? 断食効果と苦いおしっこ。

 糖尿病になってから、断食効果が出るまでの10年間、オシッコが苦い日は少なかった。せいぜい無味の状態だった。



食べることができなくて、強制的な1週間の断食の後で、おしっこは苦くなり、糖尿病の症状が消えた。



 Whiteチョコと甘ったるい日本酒でおしっこは柑橘類のような酸味と甘みあり、これで断食効果も終りだと思った。





 ところが、アルカリ性の食べ物を数日食べると、おしっこの味が苦くなり、体は断食効果を取り戻したか、炎症が消えた。




 ひょっとして、断食をしなくても、食べ物を工夫することで、断食に似た効果を再現できるのではないか?おしっこの味を苦くすることができれば、可能なのではないか?



今日の心の栄養 (毎朝5:00に更新)




いいんだなあ、このブログ。