若返りだって? 本当ですか?

200歳まで生きます。

216_血が足りないよ、お父さん。

  血糖値を上げすぎないように、炭水化物や糖分を午前中だけたっぷりためる食生活を続けているのだが、あまりにも効き過ぎた。と思ったが、そうじゃないな。


 ちょっと前から解かっているのだが、体に血が少ない。
この問題も神経痛が原因だ。イチョウエキスの副作用かと思ったが飲む前からの問題だ。血が回らない問題も血が足りないのと関係がある。



 昨日の健康診断の採血でも、静脈に血が少なく、注射器で吸っても血がなかなか入らず、「あら、あらっ」て言っていた看護師さん。お父さんは、これで良く生きていられると思っている。


 体の血液を増やすにはどうすればいいのかな? これまで、鼻血が出るぐらい血はいっぱいあったのに、いったいどうしたんだろう。




215_後神経痛は、別の帯状疱疹を発生しながら痛みを消していく。

 お父さんは、痛み止めも含め、一切の薬を飲まずに我慢して観察しているのですが、そのおかげで、また、新しい真実を知ることができました。その内容は、お医者様も研究者も知らないと思います。



 お父さんの帯状疱疹後の痛みが軽減されたときには、軽度の別の帯状疱疹が出現し、それが治ると同時に痛みが軽減されました。複数回、全部が同じようになったので不思議に思っていました。




 今回も同じことが起きたので書いてみます。


1.イチョウ葉エキスを、規定量の3倍飲んでいたら、例の場所(赤丸)がまた痛くなった。昼も夜も痛いのでがっかりした。痛みは2日間続きました。


 そして、今回も頭に軽度の帯状疱疹(黄色)が出て、触ると痛みがあります。これまでになかった目に近い位置で、ワクチンしててよかったーー。


 あばら(青)には、軽度の神経痛ができました。


2.二日後に、痛みはきれいに消えました。同時に帯状疱疹も神経痛も消えました。痛みは一番痛いときの5%ぐらいです。「やったーー! おれってすごいーー!」と 思いました。


3.ところが、痛みが消えた日の夜に、今度は両足の皮膚がいたくなりました。あちゃあーー! あまりの不快感。


3.不快感に我慢できず、次の日は温泉に行きました。
皮膚の痛みはその次の日になくなりましたが、今度は元もとの痛みが戻りました。ただ、痛みの深みが違います。浅い、何もしなくても我慢できるレベルです。


大事:
 帯状疱疹後神経痛の痛みは、お父さんの場合でしかないですが帯状疱疹や神経痛を他の場所に発生させて、それが治って行くと同時に軽減していきます。


 つまり、


 痛みをなくすなら、帯状疱疹を何回も発生させ、それを治すことを繰り返す必要があります。



 軽度の発症ですぐ治るようにするためには、帯状疱疹ワクチンの2回目の接種が終わっていなければなりません。ワクチンなしでは、抵抗力がゼロ状態のエイズ状態と同じで、生命の危機状態になってしまいます。



 こういう特性がありますから、もし神経痛が痛いままで、帯状疱疹を再発しなければ、痛みは軽減されないはずです。(赤い線)



 イチョウ葉エキスには、膜に保護された神経に住んでいる水疱瘡ウィルスを、膜の外に出してくれる役目をしてくれているのかもしれません。もしそうならば、体に潜むウィルスを激減させることができるはずです。



214_「NHKで放送していた。お父さんの言う通りだった。病院に行って相談します。」そう言ってくれた人がいました。

放送内容です。

 
 お父さんは、高齢者がうまく歩けない問題も、腰がじくじく痛む問題も、泌尿器系の問題で旅行に行けないのも、糖尿病も、心臓病なども、水疱瘡菌が係わっていると推測しています。だから水疱瘡菌を抑えることができれば、元気で長生きできるはずです。それを実験して確認していきます。

 

213_帯状疱疹後神経痛、痛みが溶けて行く。

  イチョウ葉エキスを飲んでも飲まなくても、症状の違いがでなくなりました。イチョウ葉エキスの任務は終わったようです。

 お父さんは、神経痛に効くという温泉に、
通い、皮膚の痛みはずいぶん軽減しました。



この温泉の効能です。


 今日の朝、またズッキンズッキンと痛くなりました。ところが、その痛みが、自然に和らいでいきます。そしてお父さんは、また眠ってしまいました。(これまでは、水風呂か散歩で痛みを抑えていた)


 目が覚めた時に、心臓がとても疲れていました。

お父さんは、何が起きたかを推測できます。


 脚の血流が良くなり、心臓が吸って送る血液の量が増え、心臓の仕事量が増え、それで心臓の筋肉が疲れたはずです。心臓は、多くなった血流量に対応して、少しづつ強くなっていくでしょう。


212_ラクトフェリン、量3倍で、内臓脂肪が、ガバガバ消える。

 お父さんは、これまでは、太るのは簡単だった。食べればすぐ太りましたから。



 今はたくさん食べれなくなって、太るのが難しくなった。そして、痩せるのが簡単になった。



 最近、1週間で3Kgも体重が減り、「癌になっていて、痩せこけて死ぬのかなー?」と思っていたのですが、瘦せる原因がありました。


 それは、朝にだけ炭水化物を食べる方法とライオンのラクトフェリンを規定量の3倍飲む方法です。


 この商品はもう販売していないのですが、糖尿病になってすぐ、病院からもらった血糖値を下げるジェヌピアという薬に疑問を持って、このラクトフェリンと半日断食で、手足に紫色の充血ができたときや、明らかに体調がすぐれないときに、対応していた経験がある。


 だから、ライオン社のラクトフェリンは信頼している。ただ高価で続けることができなかった。



 もうないと思っていたのに。、一瓶出てきたので、飲んだらどうなるか試した。規定の3倍の量で。



 ネットで買った、安いあやしいラクトフェリンは、効果が出ないため全部捨てました。このライオンの商品はとても優れていると改めて思いました。


 何個か持っていたかったけど、買えなくなりました。