若返りだって? 本当ですか?

200歳まで生きます。

今日の心の栄養 (毎朝5:00に更新)



近寄りがたかったお寺、初代片倉小十朗のお墓。

 いつも光輝き、建物も古びた感じがなく、お父さんはこのお寺の中に入る勇気がなかった。



 早朝の散歩で、光る丸い物が照明装置なのかを確かめたくて近付いた。


 輝いていたのは金でした。


ここは、片倉家の菩提寺でした。






305_トムソーヤの冒険。初めてなの。

 お父さんは、本を読むことに興味がないまま大きくなりました。今、その有名な作品をアニメでみています。とても気に入って、満足しています。


  大人でないと解からない、相手を思いやる心の表現があり、お父さんが子供の時に読んだとしても、そこが、わからなかったでしょう。


 





 動画の終りのエンディングでは、日下マロンさんの歌が流れます。良い感じ。



 歌の部分がyoutubeにありました。
ぼくのミシシッピー/日下まろん

304_注目_歩けるようになったので、蔵王の山に行ってきました。

  実際に行って、大きさや色、不気味さを体感するのが良いですね。10年以上住んでいて、見える山なのに、まだ行ったことがありませんでした。





 脚の神経痛が良くなって、楽に歩けるようになったので、急に行くことにしました。



 雲の中を走っていきます。空気が薄くなるため、バイクのエンジンが吹き上がらず、ヘロヘロでやっと走ります。



観光スポットの「お釜」です。


本当は、写真では表現できない迫力と色の美しさがあります。





 お父さんは、しなびた白菜のように痩せていましたが、やっと太ってきました。3ヶ月以上、薬なしで痛みを我慢してきたため、眉間の我慢シワが深くなりました。




たくさんの観光客が訪れるのも当然です。


有毒ガスが出る火山です。



 家に帰ったら、脚の筋肉が痛い。この痛みは、筋肉痛というより、血液量が足りないことからくる、不快な痛みです。これから治していきます。


 神経痛も、ここまで治せば上出来です。



303_カヤの実はそのまま保存、銀杏とクルミは保存しない。

 何年も実験したので、木の実の扱い方も変わりました。
カヤの実は、おいしく食べるためではなく、薬として使うことにしました。
 
 拾ったままの皮付きの状態で半年以上保存し、熟成して食べやすくなってから、生のままで食べることにします。


 でんぷんや糖分があるものを食べるときに、腸の中に短鎖脂肪酸を作る目的で食べます。カヤの実の中にも、皮にも、たぶん自然界最強の発酵酵素があるためです。2個ぐらい食べるだけで健康な腸を維持できるはずです。


 油分が多いので、実をきれいにするのも大変なので、拾ったままで保存し、一年後に生で食べてもおいしさがでるころに利用します。


 今年は、木の実の数が少ない。



------------------------------------------銀杏は
 銀杏は保存しても3か月ぐらいで乾燥してしまうし、イチョウの葉っぱの方が、薬として効果があるので、拾うのは、数回おいしく食べる分だけにしておきます。たくさん拾って保存するのはやめました。


------------------------------------------胡桃は
 クルミは、拾っても、食べないままで一年過ぎてしまいます。殻を割ってほじくるのが面倒くさいし、量が少ないので、食料とするにはどうかなあ? ことしは拾わないことにします。


できるだけ、やることを少なくします。