若返りだって? 本当ですか?

200歳まで生きます。

06_仕上げはアイヌネギ、下半身の神経、リンパと泌尿器系に効く!

 これは、アイヌネギの醤油漬けです。
もらったので食べました。下半身の不快感が消えていきます。


 この足の神経系の不快感が消える効果は、アイヌネギが一番。やっぱり特別です。


 4本ぐらい食べると効果が出ます。それにしても春に収穫して醤油に漬けた物が、今でもすごいニンニク臭い。こりゃすごい。


 これで、お父さんの体は、修復完了。


後日記入:
 3日ぐらい食べたのですが、尿意があってから5分ぐらい我慢できるようになりました。寒くなったせいかも知れませんが、水を飲む量が極端に減り、水を飲み過ぎず、尿を出し過ぎないようになっています。


 どう考えても、アイヌネギの効果だと思われます。


05_おしっこの回数は、水分の取り方で変わるという事実。

 この部分は、後日追加しています。
---------------------------------------------------
水をたくさん飲んでも、すぐオシッコになってしまうのを不思議に思っていました。その理由は電解質が足りないためなそうです。水1リットルに対して、塩1~2g・砂糖40gを入れると良いそうです。記事をお読みください。最後の方に書いてあります。



---------------------------------------------------




お父さんは、水を飲んだ量と、おしっこに行った回数を記録してみたんだけど、おもしろい事がすぐ解かった。


 水だけを、一日中がぶがぶ飲んでいると、
オシッコの回数は、会社にいる間だけでも10回以上になった。


 ところが、なにかを食べながら水を飲むと5回ぐらいまで下がる。
 おもしろいじゃないですか!






 だから、頻尿とかを回数で決めるのは、???だね。
尿意があっても、トイレまで洩らさず行けたら、それでいいじゃないですか。


 お父さんの経験ですけど、泌尿器系が炎症を起こしていると、尿意はすぐ来るし、トイレまで洩らさないようにするのが大変です。


 これもお父さんの場合ですが、豆乳で血液をきれいにすることで、ゆっくりと良くなっていきます。本当にゆっくりで。4ヶ月ぐらいかかります。


 普通の人は、病院で診てもらった方が良いでしょう。お父さんは、失敗したら死んでも良いと思って試しているが、その方法が、誰にでも効く訳ではありませんから。



04_うんこ洩らし、5人に一人。でも治せる。

 お父さんは3ヶ月前に、自転車で会社に到着する前に
坂道の梅の木のところでうんこをもらした。



 木の陰に行ったのですが、間に合わなくて、ズボンを
下げたのは、大量のうんこがぶりぶり全部出てからだった。


Why?



もう一回は、朝会社に到着し、トイレで。
これまた、ズボンを脱ぐ前に出てしまった。



 「うんこもらしたーー」
そう言って他の人の前を、ビニール袋下げて、
家に帰りました。ビニール袋があってよかった。







 9月29日の朝8:15分からの番組でこれをやっていて、
20歳以上では5人に一人はうんこもらしの
経験があるのだそうだ。



 その話をもっと聞きたかったのですが、
会社に行く時刻になった。




 でも、お父さんはそれを完治させた。
豆乳と鹿角コラーゲンで、尿とうんこを洩らす
心配から開放されます。



 多分、豆乳の6時間で血をきれいにする
効能で、泌尿器系の炎症が治まり、効果が出る
はずです。



 治さないと、旅行はもちろんですが、買い物も
怖くて、出かけられません。



 お父さんは、コラーゲンでたんぱく質を補給しました。
お腹の調子が、見違えるように良くなります。
それも飲んだその日から。




 豆乳だけでも試して頂きたい。
おもらしをしたら、人生もう終りかと
思ってしまいます。



 でも、大丈夫です、治ります。
お父さんは、豆乳、コラーゲン、リンパマッサージ
で治しました。ついでに、神経痛も。


03_リンパマッサージは必要! 神経痛や筋肉の痛み。

 11月12日追加記入:
一ヶ月に一回の体のメンテナンスとして、リンパマッサージに行って来た。どこも痛くなくて、気持ちよくやってもらったのは初めてでした。



 最初に行ってから、9回目でした。とてもうれしい。



^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 お父さんの体験ですが、肋間神経痛を治せるように
なったのは、背中の固まったゴリゴリをリンパマッサージ
で、解きほぐしてもらってからです。

 上半身の痛みがきえたら、下半身が痛み出した。
坐骨神経痛ですね。



 豆乳のすごさが解かったので、それで全部治せるかと
思って頑張ってみたが、神経の痛みは消えたが、筋肉の
痛みがなくならない。


 それでリンパマッサージに行ったら、ふくらはぎに
コリコリの塊がたくさんあった。一週間後にもう一回
行って、そのコリコリをなくしてもらった。



 いったいなんで塊ができるのか解かりませんが、
とにかく、「痛----い」「うわー、もうやらなくていいーー」


 「野菜を食べないとこうなる」と怒られた。
ほんとかいな、週に二回は漬物は食っているけど、
本当にそうなのかなあ? まさかーー?


 それで、自分で野菜ジュースを作って飲んでみる。


 ついでに、豆乳も入れてみるか。



 元気で長生きするには、定期的なマッサージは必須と思います。
定食屋で、80歳ぐらいのおじいさんが、「背中がいてえ」と
足もひきずっていて、こう言っていた。



「この痛みと一緒に死んでいくんだろうなあ」


 私は、おかしくて噴出しそうになったが我慢した。
この歳まで生きてきたのですから、マッサージに行って、
豆乳を飲めば、ピンピンによみがえるのにと思いましたが、
我慢して何も言いませんでした。



 背中が痛いときは、膵臓が悪い場合があるので、
病院でお医者さんに見てもらわないと、余計な事をしたら
かえって悪くしてしまうからです。



 お金かかるけど、マッサージで元気が蘇る人は
たくさんいるはずです。



02_心臓が楽になる。 すぐわかる豆乳の効果!

 お父さんは、生まれつき心臓が弱い。
多分栄養失調状態で生まれたので、心臓や目が
良くなかったのだと思う。


 そのように生まれても、本人には他人との
違いが解らないので、なんとも思っちゃいない。
お父さんは、良く見えない左目の視力を、
目にも手に利き手があるように、左右で視力は
違いがあるものと思っていた。 




 さて、本題に戻ろう。
お父さんは、今、静かなところや、寝たときは、
心臓の鼓動を聞くことができる。脳の中なのか首の
血管かはわからないが、ドックンドックンと。


心臓がとても楽になり、呼吸も楽になります。


 実は、これも豆乳が関係しています。
豆乳は、血管を広げます。



 心臓病の人が、ウウッと苦しんで、ニトログリセリンの
薬を飲むところを、テレビドラマなどで見たことがあるか
もしれません。NHKのガッテンでもやりました。



 ところが、NHKは、同じ効果が豆食品にあるというところを
抜かしました。なぜ抜かしたかはわかりません。




 豆乳の即効で、一番わかりやすい効果が、血管を広げる効果。
心臓が楽になり、体中に血がいきわたるようになり、
酸素や、栄養の供給がうまく行くようになります。



 呼吸も楽になります。


 信じないですって?


心臓が弱い人や、血圧が高い人は、数時間で変化がわかるはずです。


 豆乳をスーパーで買わず、自分で作らないと、
効果は弱いですよ!



 ほとんどの人は自分では作りません。
なぜか、無調整豆乳を買って飲むんです。



 無調整という言葉に誘われるのでしょう。