糖尿病で薬なし、人生で一番元気でダメですか?

記事100_未満に糖尿の記事。
コメントは非表示なので、安心してなんでも書いてください。

051_進化論への考え方が変わった。

私個人の考え方ですが、今では、


遺伝子は数十日という短い時間で変化して、
今の環境に適応した遺伝子にして、
子孫に伝える、と思っている。



これまではこう思っていました。
突然変異でできた遺伝子が、偶然、生きている環境に
最適で、生き延びただけだと。
とても長い年月を要して変化していくんだと。


~~~^^^^^^~~~~~~~~^^^^~~~~~~~
ところが、最近では、遺伝子は変わることがわかっています。
寒さや、空腹で、生命力に関係する遺伝子の一部が変化し、
長寿を実現するのは良く知られています。


食べ物を変え、腸内細菌が変わると、動物も人間も性格が
変わるという事も知られ、腸は第二の脳と言われます。


でも、腸内細菌が直接、人や動物の脳を支配するのでしょうか?
ところが、これもこう考えると、「なるほど!」と思えますよ。


腸内細菌が遺伝子の変化を起こす。
どうですか?


~~~^^^^^^~~~~~~~~^^^^~~~~~~~


そして、こんな記事もあります。
これからこうありたいと思う方向に、人間も変わって
いくと考えた方が、希望が持てて、お得ですね。



~~~^^^^^^~~~~~~~~^^^^~~~~~~~
これは私が経験した本当のことです。


私は、ドングリを食べたり、歯磨きしたりして、糖尿病の変化を
観察する実験をしていました。

その過程で、明らかに自分の性格が変わっていくのを経験しました。


私は、子供のときから気が小さく、「いや」ということもできない、
おとなしい人間でした。


もちろん、大人になれば、そういうものを少しずつ克服するのですが、
基本的な部分は変わっていませんでした。



それが、ドングリ実験をしている間に、どんどん変わっていくのです。
少しぐらいのストレスはどうでも良くなって、毎日が楽しくなります。
口の中がきれいになったこともありましたが、
一ヶ月ぐらいで、


「絶好調ーー」



と叫んでいました。


私の外観は変らないように見えても、中身はもう別人。


これはやっぱり、遺伝子に変化が起きているのじゃないか?
そうしないと、説明がつかないのです。


~~~^^^^^^~~~~~~~~^^^^~~~~~~~
食べ物や環境、
こうなりたいという強い思い、


そういうので、私たちの体は、変化しているのではないでしょうか?、



それではまた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。