体の状態により、効果があるものは変化する。

猿の腰掛は、30年ぐらい前に、飲んでみたことがある。
「体にすごくいいっていうけど、飲んでみっか?」
何も感じない、ただの変なお湯でしかなかった。


 そうなんです、健康なときには、どんなものでも、変化として現れません。
人により、状況により、その人に必要とされたときに、
”どん、ぴしゃり” と効果があります。 驚き!


 4ヶ月ぐらいして、体が満足すれば、何も感じなくなるはず。

 私の場合、ちょうどこれを必要としていたというわけです。
ツヨシ君も気持ち良さそうにしているので、必要だったみたいです。

奇跡はあるんだ!

 これは、イチョウの巨木の根の近くにできた、猿のこしかけです。
ガンが治るとか一時期注目されたものですが、それで完治したという人を聞いたこともなく、その効果は信じていなかった。

見かけも味も木だ。  

断面がきれいですね。

味は土みたいです。

これを、イチョウ葉エキスを作るときに混ぜてみました。
そして、信じられないようなことがおきるのです。


夜作って、湯のみ茶碗で二つのんで寝ました。
熟睡。朝のオシッコの品質は、甘さのかけらも混じっていない。
これは薬か?


ひょっとして、糖尿病の人に足りない何かがこれにあるのか?
それさえ補充すれば糖尿病という病気は病気でなくなるのか?


ワンコのツヨシ君にも、朝飲ませました。
苦味もなく、飲みやすいので、5CC、スポイトで飲ませてあげました。


これから、糖尿病の人に飲んでもらって、確認します。
色々な病気がありますが、奇跡のようなこともある!


あきらめずに、非常識に挑戦し続けると、何かが起きるチャンスもある。



「目薬の木」のテストはやめた。心が、ああーー!


目薬にして注すと効果があったのだが、
飲むと、心が躍らなくなり、おとなしくなり、むなしくて、土にもぐるような感じ。
竹の子をあく抜きなしで食べて死にそうになったときを思い出した。
これは、濃いものを飲みすぎるとダメだ。


 食べると、陽気になって、何もしなくても幸福感を感じるのは ドングリとヨモギの葉。それを逆転させてしまうほどのすごいのがこの、目薬の木!


 痩せたいときは威力を発揮する。
食欲がなくなり、食べ物をおいしいと感じなくなる。
だから断食も容易になる。


 この特徴は場合によっては役に立つ。


 インターネットでは、誰も私が体感したようなことは書いていない。
飲んで視力が良くなったという記事、シミが消えたという記事もあった。
私は飲んでも、シミは前と同じだった。


 コウゾの木を煮出したものは、体を色白にするらしいが、これも体を冷やすらしい。
目薬の木も、体を冷やすものだね。

足を腐らせてみました。

早く気がついて良かった。


冬に足指凍傷 ->膿が溜まり->感覚が消え、
->皮がむけ ->良くなるかと思えば、隣の数本も痺れ、
->焼酎飲んだらズクズキ痛くなり、->ギョギョッ!


これが、足切断になる初期症状なのか?


焼酎に感謝! 多分血行が良くなり、血が回らない部分が痛かった。
ずーーっと、オシッコが甘いままで、半年暮らしてみていたのだ。


死ぬーー!
そう思ったら、簡単に少食、断食できた。


オシッコはもう常時甘くない状態。
みるみる症状は改善する。


痺れがなくなり、だんだん指先に感覚がもどり、
歩くときに、指を下に押して、感覚を感じながら歩ける。


改めて思った。
自分のオシッコをなめて感じる味、これほど簡単でよい方法はない。
なんたって、リアルタイムで自分の体の状態が解るのですから。


薬局にはこんなすごいのないよ「目薬の木」

詳く知りたいときは、このHTMLで。
http://sakinscaya.com/hata/blog/MegusurinoKi_HTML/html/page1.html 


早速、薬にして飲んでみました。
枝と葉っぱを分けます。

これを細かくして圧力鍋で煮ると、苦いやつができます。
ううぇーーーー!にげーーーー!

これを、目薬として使うのと、飲む実験をしてみました。
これは、名前の通りです。速攻、見える、ぼやけない、疲れない。
薬局の、効果があるのかどうかわからない目薬とはレベルが違います。
「なんで?」と思うぐらいの驚き。

詳く知りたいときは、このHTMLで。
http://sakinscaya.com/hata/blog/MegusurinoKi_HTML/html/page1.html 


体の変化を確認するために、さらに2週間続けます。
(たいした変化はないが、影響力は強い。心臓にくるので注意)