若返りだって? 本当ですか?

200歳まで生きます。

215_後神経痛は、別の帯状疱疹を発生しながら痛みを消していく。

 お父さんは、痛み止めも含め、一切の薬を飲まずに我慢して観察しているのですが、そのおかげで、また、新しい真実を知ることができました。その内容は、お医者様も研究者も知らないと思います。



 お父さんの帯状疱疹後の痛みが軽減されたときには、軽度の別の帯状疱疹が出現し、それが治ると同時に痛みが軽減されました。複数回、全部が同じようになったので不思議に思っていました。




 今回も同じことが起きたので書いてみます。


1.イチョウ葉エキスを、規定量の3倍飲んでいたら、例の場所(赤丸)がまた痛くなった。昼も夜も痛いのでがっかりした。痛みは2日間続きました。


 そして、今回も頭に軽度の帯状疱疹(黄色)が出て、触ると痛みがあります。これまでになかった目に近い位置で、ワクチンしててよかったーー。


 あばら(青)には、軽度の神経痛ができました。


2.二日後に、痛みはきれいに消えました。同時に帯状疱疹も神経痛も消えました。痛みは一番痛いときの5%ぐらいです。「やったーー! おれってすごいーー!」と 思いました。


3.ところが、痛みが消えた日の夜に、今度は両足の皮膚がいたくなりました。あちゃあーー! あまりの不快感。


3.不快感に我慢できず、次の日は温泉に行きました。
皮膚の痛みはその次の日になくなりましたが、今度は元もとの痛みが戻りました。ただ、痛みの深みが違います。浅い、何もしなくても我慢できるレベルです。


大事:
 帯状疱疹後神経痛の痛みは、お父さんの場合でしかないですが帯状疱疹や神経痛を他の場所に発生させて、それが治って行くと同時に軽減していきます。


 つまり、


 痛みをなくすなら、帯状疱疹を何回も発生させ、それを治すことを繰り返す必要があります。



 軽度の発症ですぐ治るようにするためには、帯状疱疹ワクチンの2回目の接種が終わっていなければなりません。ワクチンなしでは、抵抗力がゼロ状態のエイズ状態と同じで、生命の危機状態になってしまいます。



 こういう特性がありますから、もし神経痛が痛いままで、帯状疱疹を再発しなければ、痛みは軽減されないはずです。(赤い線)



 イチョウ葉エキスには、膜に保護された神経に住んでいる水疱瘡ウィルスを、膜の外に出してくれる役目をしてくれているのかもしれません。もしそうならば、体に潜むウィルスを激減させることができるはずです。



×

非ログインユーザーとして返信する