若返りだって? 本当ですか?

200歳まで生きます。

151_命ぎりぎり血糖値。9/11 不思議なことばかり。

  この日は、朝食はファミレスにしました。そして午前中食べたのはこれで全部です。

 
 午後になって、我慢できなくなるんです。食べたくなるんです。それで食べるんです。



 一週間、血糖値を下げるのをうまくできたから、まあ良いか!なんでもOKお父さん。


 午後に食べたのはこれだけです。でも不思議なんです。血糖値が下がらないのです。観察していると、下がったのは夜中の午前2時半でした。



 なぜなんでしょう?朝のうちに白米やバナナ、甘いお菓子を食べて、午後には炭水化物や糖分をゼロにして何かを食べていると、17時半頃には血糖値が下がるのはなぜ?


 これまではお父さんの血糖値は、どんなに糖質制限をしても、断食2日目にならないと、血糖値は下がらなかった。だからこのような結果になっていたのです。そして血糖値がこんな高くても、食べ物で、合併症を防ぐことができていたからなのです。
(でも、帯状疱疹が発症したらうまくいきません)


奇跡みたいな本当に下げれる血糖値。
 今は簡単に、一日のうちの14時間は、確実に血糖値を下げることができています。今度健康診断ではこれまでの最高値の半分まで下がっているのではないかと予想しています。



追加:
1.糖尿病由来とされる足の痺れや血行不良、帯状疱疹後神経痛の症状があまりにも似ている。お父さんはこれは同じものではないかと疑っています。


2.神経痛の痛みは血糖値が上がりすぎた時に起きるのもわかりました。通風の痛みにも良く似ています。糖尿病患者以外に神経痛になる人はいるのでしょか?そういう疑問が湧きました。


 もし、帯状疱疹ワクチンを打ったお父さんが、糖尿病の症状を全部なくして、神経痛もなくしたなら、お父さんの考えていることが正しいとなるかな?お父さん、やってみるよ。



×

非ログインユーザーとして返信する