116_肉を主食とする人たちが、霜降り肉?

  アメリカ人はぞうりみたいな、固いぼさぼさ肉を食べるってーー!
それは、かわいそうでもなんでもありません。
体がほしがる最適な肉でした。


 私も、鹿肉を食べるまで、なんであんなまずい肉を食べるか理解できませんでした。
体のセンサーの感度が良くなるとわかるんです。食べた後の体の状態が。


 右目がドライアイで目やにがいっぱい出る犬のつよしくんにも変化が現れます。
一ヶ月に一回、耳の中の検査をして、炎症があれば薬を入れるのですが、
今回はすべてOK。なにもしないのは初めてです。


 歯の掃除の効果もあるけど、一緒に食べた鹿肉の効果があるみたいです。

 私も鹿肉の、もも肉なんかのかたーーい肉を食べてから、口の中がすごくいいんです。
そして、鹿肉はなくなりましたが、スーパーのぐだぐだした肉はまだ買っていないんです。
 ちょっと買う気にならないんです。体が嫌がっています。


 だから、アメリカ人は、もともとほとんど野生状態で育った、油のない肉が食いたいんだということがわかります。


 油がのった霜降り肉なんかは、日本人みたいに時々ご馳走として食べるのならうまいはずですが、体を元気にして生きていく人には、合いません。霜降り肉がすばらしいとか、肉食をする人たちは思わないでしょう。そういうものをたくさん食べたら体を壊すと思いますよ。


 我々がテレビ等から知る情報には気をつけないと。
それらが本当に正しいかは、あやしいですよ。
 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。