115_からだが驚く自然食。

 苦い菊芋の葉っぱ、
それに合う、上品な甘さの山法師の実。
なすとキュウリの漬物の塩味。
そして、野生鹿のスペアリブ。(もらったんですよ)

鹿の肉をは、家畜の肉とは食べた後の体の反応が違います。
「そうか、俺の体がほしかったのはこれだったんだーー。」
そんな感じです。


体から効果抜群のサプリメントが汗になってあふれるような感じ。
特に、歯茎の変化はすばらしく、炎症どんどん縮小し、歯ががっちりと
歯茎に落ち着きます。


 どういう理由かは私には解りませんが、間違いなく、歯周病菌や
雑菌に対しては、これまでで一番強い効果を体感しました。
 
 手に入ることは少ないかもしれませんが、誰かが鹿肉をもてあまして
いたら、是非もらって食べてみてください。
あばら骨のところがうまいですよ。


 三日もこの画像のような食事をすれば、
マンガの足が空回りする、そんな表現がぴったりの体調になります。


 ワンコのつよし君は、骨まで食ったけど、
体が痒くなって、ガシガシ掻いています。体に合わない人もいると思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。