016_勘違いされて逮捕されないように!ヨモギ!

 以前は、仕事中に、飴をなめたり、ガムを噛んでいました。
ゴミ箱には、ガムの食べかすでいっぱいで、いやな臭いを出します。


 最近は、それが一切ありません。代わりはこれ。
そうです、ヨモギなんです。一度やったら、ガムなんか買う気になりません。
上の柔らかいところを、3個か4個摘みます。

これを手の間でゴロゴロさせて丸めます。

そして口の中に入れます。
何回も噛んで、最初と次の汁は”ペッ”とすてます。(私は飲みますが)
そうすると、この画像のようになります。

これをガムのように噛むんです。


 感触はチューインガムのようで、味もガムのようにすぐにいやな
味になることがありません。二時間噛めます。


 私は、これを噛みながら、鼻穴広げて、仕事を蒸気機関車のように
やります。パワーは4時間だけですが。


 おもしろいことも解りました。
ヨモギの生は、噛むと元気が出ますが、乾した物をお茶にして飲むと、
あらまっ? 心が穏やかになるーー。 ビックリしました。


 やっとわかったんです。いまごろ。
ネットで草の効能とか調べると、どのような処理をして、どうやって飲むか
まで書いてあるんですね。これまで無知ではずかしい。


 日本は世界の薬の40%を消費する国なんだそうです。
西洋医学に頼るのは、これも戦争に負けた事が関係しているのかな?


 多分、縄文人は、こういう分野にとても詳しかったのではないでしょうか。
ヨモギガムを噛んで、ドングリ粉で歯を磨くと、歯がつるつるになります。
つまり、歯垢が付かない、歯槽膿漏になりにくいということですよね。


 ヨモギガム、こんな商品を売っていたら、私は買います。
作っちゃいますか? 


 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。