004_細菌に体を植民地化される。

私は、こんな木の実を良く食べます。

絶好調の私。
何も怖くありませんでした。

 糠漬けを作って、発酵食品を食べると体がどうなるかを実験していました。
既に、納豆をジュースにして飲んでいて、微生物が直接腸まで到達すると、
大変なことになるという怖さを知ったし、そんな状況から回復する方法も確立
していたので、まだ微生物の怖さを知りませんでした。


  糠漬けを食べると、体がとても元気になります。
特に歯が溶けるのではないかと思うほど酸っぱくなったものは、
元気が出るように感じました。


 そのうち、ブラックベリーをどっさり投入して青色にした糠床を、
手入れしないでほったらかしておいたら、カビが生えていました。


 かき混ぜて放置し、またカビが生え、それを3回ぐらいやりました。
(写真は残していません)


 そして、私は思いました。
これで野菜を漬けたら、まぐれで奇跡が起きるのではないかと。
とんでもなく体が丈夫になるとか?


 漬けたキュウリや人参、ダイコンを食べましたが何も起きませんでした。
そして、1週間ぐらいその漬物を食べて、実験にも飽きて、その糠床は捨てました。


  でも、じわりじわりと私の体には変化が起きていたのでした。
最初は歯に変化が起きました。昔歯周病で治療した歯が腫れて痛い。
そして、セメントで固めたように硬くなっていた歯茎が、ぐらぐらになる。


 前歯を作り直したら、上顎の前歯から4cm奥が腫れて痛い。
明らかに、何かが口の肉の中に進入している!


 そこから、私の体は7年前の、糖尿病になったときと同じ状態に
なって行くのです。  そこで、私は、ここまできたから、ついでにそのまま
病院にも行かず放置したらどうなるか、どういう感じで死んでいくかを
確かめてやろうじゃないか。そう思ったのです。


 どの時点でもう危ないと感じたのか?


それは、次の回で。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。