STAP細胞が変化を始めるのだ!

鹿の角を食ってみて解る。


 足の指の足りない部分に血管を作り、神経をつくり、元のようにしていく。
この効果がわかるのだ。


 時々ズキンズキンして痛いが、修復していく速さがぜんぜん違うのだ。
鹿の角、ウコギ、サルノコシカケ、イチョウエキス。
私がテストしたこれらで共通するのは、壊れた部位を修復する機能。
つまり、自分の体が、壊れたところを作り直すということ。


 ほとんどのものが、全身に効く中で、イチョウ葉だけが脳と神経に効く。
元々、我々は、体の一部が壊れたとしても、それを修復する。
その機能を強化させるのが確実に存在している。


 それはたくさんあるのだが、長く研究した中国の成果は貴重だ。
私はそのすごさの一部を確認しているのみ。


 材料の入手ができるなら、どんどん効果を確認したい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

コメントは必須項目です。