Z011_うますぎるお酒に注意。

 昨日のテレビで、ワイン好きな、川島なおみさんの事を放送していた。
その中で、結婚一年で、夫の片目が失明したと。


 私はピンと来た。
これはもしかして、エチレングリコール入りのワインが関係しているのではないかと思った。
その液体は不凍液としても使われるが、ワインやウィスキーを、感動するほどおいしくさせる。


 私はうますぎる酒を二度経験している。
一度はフランスのスーパーで買ったデザートワインという甘いもので、高かった。
売る側も怪訝そうな顔、日本に来るフランス人に銘柄を指定しても同じものは買ってくれなかった。飲むと、人生で始めての感動的うまさ。とろーり、ぴりっと、どうやってこんなにうまいものがーー?


 二度目は台湾のお金持ちが昼食に持ってきたウィスキー。
なんだこりゃ、こんなにうまいのが世の中に存在するのか?そう思っていっぱい飲んで、口が好き放題に動いて大失敗。


 そこで、あんなうまいものがなぜ作れるのか、あまりにもうますぎて不自然。
そして行き着いた考えが、エチレングリコールを混ぜたもの。


 過去にも、輸入高級ワインに入っていたと、ニュースに出たことを覚えている。
飲み続けると、失明や脳障害を起こす。つまり毒物。



 長い期間、摂取すると、体がそれに耐えられないものがある。
そういうものは、口にしないほうが良いが、多分お金が有り余っている人の方が、摂取する可能性が高い。


  エチレングリコールはAMAZONからも買える。
実際に混ぜて口に入れて、味を確認しようと思ったが、やめた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

コメントは必須項目です。