Z000_オートファジー知らなかった。空腹で、ノーベル賞。

 大隅博士が2016年にノーベル賞をもらったオートファジーの研究を今まで知らなかった。なんてこった。

ノーベル賞を受賞した断食の秘密


 菜食主義者の人の体のたんぱく質がなくならない理由は、このオートファジーというものが、体の中の廃棄物をリサイクルして新しいものに作り変えているからだというもので、空腹状態で活発になり、体にとって悪いものも、どんどん作り変えていくようだ。


 これでわかりました。
私が昼食を抜いたり、時々、断食まがいのことをやっているときに快感なのは、精神的ではなく、体がきれいになっているから気持ちが良かったんだということが。


 注意:
糖尿秒を食べない方法で薬なしですごしていた私ですが、骨、歯が弱り、関節が”ビキッ”と、”ズキン”と痛くなった過去がありました。それで、食事の内容が大切とわかり、どうしたら一番うまく、骨を強くできるか? -> それで骨スープの実験中なのです。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

コメントは必須項目です。