Q067_イチョウエキス_化学変化?素人過ぎたから成功!

 この二つのペットボトル、両方とも私の最強ドリンク。
左側は今日作ったもの、右側は冷蔵庫に二ヶ月放置したもの、色が違います。

 二ヶ月放置したものは、プラスチックが溶けたような臭いがします。
しかし、これを日中に飲むと即効性で効果があり、5時間ぐらい元気いっぱい。
なんかあやしい成分に変化しているのかもしれないかと思いました。


 ところが、後で疲れがどっと出るわけでもなく、そうではないようです。
プラスチックのような臭いはイチョウのアレルギー物質が関係している可能性があります。
私は飲むと「絶好調ーー」で、下痢もないしなんともありませんが。


 それともう一つ大切な情報があります。
ある一人の女性、私がすごく良いよというものをあげると、いつも大変なことになる、牛乳アレルギー持ちの人です。


 今回も興味を持ってくれたので、私が作ったものを飲ませました。
ちょっと心配しましたが、何ともなくて、二日後に行くと目元がキリリしているので、たずねると、いつもドライアイでたくさん目薬をさすのだが、何もいらなくなったということでした。
そして、私は、煮出す前の葉っぱをあげたのです。

  この人は、漢方薬を煎じる道具があり、良く作っているからです。
ところが次に会った時に、「頭が良くなる前に体が壊れた」というんです。


 他の漢方薬も混ぜて、長時間煮詰めたものを飲んだら、口からもお尻からも噴出して大変だったと。その後は普通に仕事をしていたので胸をなで下ろしました。


 私は、漢方薬を煎じた事がないので、圧力鍋を使いましたが、精通した人なら、間違いなく土鍋で煎じるでしょう。イチョウの葉は、煎じて液体が半分にもなると、アレルギー物質が多く出てくるらしい。でもそのアレルギー物質がどのような症状を起こすかは、私が経験したのは、下痢だけ。


 怖いねえ、アレルギー。製薬会社は大変ですね。
事前にDNAを調べて、その人に合った治療をするほうが、確実で費用もかからない。是非そうなってほしい。



 






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

コメントは必須項目です。